エフエム戸塚 ~絆をつなぐ地域のラジオ~

エフエム戸塚83.7MHz
  • FM戸塚 ホーム
  • FM戸塚 トピックス
  • FM戸塚 タイムテーブル
  • FM戸塚 パーソナリティ
  • FM戸塚 番組
  • FM戸塚 イベント
  • FM戸塚 お問い合せ
FM戸塚さくらとっとちゃん

エフエム戸塚のマスコット
『さくらとっとちゃん』


エフエム戸塚 > 番組トピックス > 第307回「ラジオの絆」3月21日(土)
エフエム戸塚 番組トピックス
  第307回「ラジオの絆」3月21日(土)

みなさん、こんにちは!

 

ボランティアアシスタントの小川優です
 

今日はたくさんの土筆がさらに大きくなって、背比べをしているのを見つけました。

すっかり春ですね~
 

「昔と違って、土筆は見ないな~。自然が減ってきているのかな…」なんて思っていましたが、

そうではなくて、大人になり、何となく時間に追われ、

季節とともに変わっていく道端の景色に対して、鈍感になってしまっていたのだと気づかされました。

 

 

さて、3月21日(土)「ラジオの絆」では、

歌って、笑って、踊って…♪

外のサクラスブリッジ上では、ふれあいスプリングカーニバル☆

スタジオ内もギターの音楽とともに☆

みなぎる元気で溢れていました!

 

 

放送の様子をお伝えしていきます~!

 

 

今回の「東北の絆」のコーナーでは、

あそびうた作家であり、児童館職員でもある 三根政信さん が

来てくださりました!

 

声も物腰も優しく穏やかで、とても素敵な方でした。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台市であそびうたライブをおこなってきた三根さん。

 

♪みんなのパワーが集まれば、なんでもできる

♪みんなのパワーがつながれば、夢は近づく

♪みんなでジャンプ、ジャンプ!! 大きく空まで!!

 

スタジオで演奏してくださった「ジャンプ」は

歌いながら、ジャンプ♪ ジャンプ♪と、

ジャンプをする振り付けもあり、とっても楽しかったです。

 

私の勤務している特別支援学校でも、

トランポリンは子供たちのNo1人気グッズで、飛んでいると心が落ち着くそうです。

飛ぶという動作は、想像以上に元気を運んでくれるのかもしれません☆

 

 

そして、素敵な演奏は、まだまだ続き、

1枚のCDを紹介していただきました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災で被災した、気仙沼の「おひさま」という保育園、

その「おひさま」を応援しようと

三根さんは、今、活動されています。

 

これは、三根さんをはじめ、10人ほどの方々で作られた応援CD「キラキラおひさまパワー」

このCDの売り上げは、保育園の支援に使われているそうです。

 

放送の中で流れた「昔の暮らしは体操だった」も収録されています。

 

ぜひ、素敵なあそびうたが詰まっていますので、

楽しむためのCDとしても、東北の支援としても、

手に取っていただきたいものです。

 

 

気になる方は、三根政信さんまで、ぜひご連絡をお願いいたします!

電話番号は、080-6528-5525です。

 

 

優しくあたたかい三根さん、

なんとスタジオの前には、三根さんからあそびうたを教えてもらったという小学生が☆



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然、スタジオの前を通ったら、

「あそびうたの先生がいてビックリ!」と遊びに来てくれました!

 

素敵な出会いがラジオの生放送の中で輝いていました。

 

これがパーソナリティ相浦やよいさんの「ラジオは広場」というものでしょうか。

とっても 素敵な空間でした。

 

三根さん、どうもありがとうございました!

 

 

 

そして、「ラジオからこんにちは!」では、

こども医療センターの様子も紹介されました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つるし雛のところどころに付いている、この三角形△

これは薬の袋のモチーフであり、健康を祈って…というものだそうです。

 

 

 

今回のパーソナリティ相浦やよいさんの話の中で、

特に気になったものを紹介します☆

 

 

「ピアサポーター」をご存知ですか?

 

外来図書室で、ピアサポーターの方々とお会いした時の様子が紹介されました。

 

ピアサポートとは、病気や障がいのある子どもを育てた経験のあるご家族の方々が、

同じ問題に直面している家庭に寄り添いサポートしていく活動です。

 

 

ピアサポーター

同じ立場だからこそ分かりあえること、支え合えること、そして話せることもあるのだと思いました。

 

こども医療センターでは、毎週(火)(水)(木)(金)の10時~15時までいてくださるそうです。

 

 

そして、

こども医療センターのボランティアグループ「オレンジクラブ」

 

ボランティアコーディネーターの梶山祥子さんのお声も放送の中で聞くことができました!

 

子どもたち用の看護師さん衣装を作るミシンの音とともに、

「子供たちのため、ご家族のため、みんなが楽しいと思える病院になるために…」という言葉がありました。

 

 

みんなが楽しいという心くばり、思いが詰まった空間…

 

「オレンジクラブ」の活動は、多岐に渡っていて、

季節飾りやロビーイベント、縫製、兄弟あずかり、子どもたちとのおしゃべりや遊び…

たくさんの方々が関わっているのだと知りました。

 

そして、注射などを頑張った時にもらえる

折り紙の指輪や腕時計も、「オレンジクラブ」の活動でした。

 

学校現場では、この折り紙でつくられた指輪や腕時計を、子どもたちはボロボロになっても大切にしています。

通院後、登校した生徒が嬉しそうに何度も時計を見せてくれたり、

何か月か経っても、ペシャンコになっても嬉しそうに見せてくれる意味が、今、つながりました。

 

どれほど、子どもたちの心に響いているのか…

どれほど、あたたかい繋がりが豊かなものなのか…

 

何とも溢れる思いに、息だけが漏れてしまいます。

 

 

 

今回の「ラジオの絆」もたくさんの思いが詰まっていました!

 

三根政信さんの歌をはじめ、きらきらとした元気パワーは

「思いを詰め込む」というところにあるように思います。

 

パーソナリティ相浦やよいさんの「ラジオの絆」、

そして、つながる多くの方々との絆や活動…

ひとつひとつアクションや出し方は異なっていても、深い部分で似ている気がするのは、

相手へ伝えたいあたたかい思いがあるという部分ではないかと思いました。

 

 

 

次回の放送は、3月28日(土)です!

東俣野にあるイチゴ狩りのお話もあるそうです!

みなさま、お楽しみに~!

 

 

ボランティアアシスタント   小川 優

 


番組トピックス

ゲスト情報

FM戸塚 リクエスト

防災ラジオドラマ


東日本大震災・熊本地震義援金活動

「情報提供の覚書」締結調印式

ドリームトーク 過去の放送分はこちら

fmtotsukaをフォローしましょう


Copyright(c) 2011 FM TOTSUKA. All Rights Reserved.